04 June 2013

Starship Commander Wooooo Wooooo ‎– Mastership



なんで旧に画像アップにしようかと言うとただただこのブログ重いからで、一応画像クリックしたらYouTube飛ぶんですよ、ええ、ええ。最近購入したレコードのなかで一番「この人ホントにP-Funkになりたかったんだろうな・・・」って思ったカルト盤、Starship Commander Wooooo Woooooによる『Mastership』というジャケからも漂いすぎる怪作です。何が悲しいかって言うとこの作品に関する日本人のブログサイトが悉く酷評していて「いつ聴けるのかと聞かれてもそれも正直分からない」とか「聴くに耐えない音楽です。皆さん、間違っても買わないように!」と揶揄されているのでとても興奮します、その通りだと思います。ただSoulとかFunkとかを求めて聴くとそう感じるのかなぁとも思いますが、A-3の「Master Ship」を聴いたらそんなことどうでもよくなるぐらいぶっ飛ぶ佳曲ですし、最近ではJeff PhelpsとかGuitar Redもクレジットされていた『Personal Space: Electronic Soul 1974-1984』にも収録されていました(余談ですが、おもしろいのが坂本慎太郎さんもそのオムニバスを聴いてそういう音源を探しているとかいないとか)。KraftwerkがTEEに乗ったようにそれよりもちゃちな飛行船で誰よりも遠くに行ってしまった月にタッチするなんて、わけないよ!盤。

zico

No comments:

Post a Comment

Followers

Blog Archive