27 February 2013

四人囃子 - ブェンディア



私がプログレに悉く嵌り出し、家に引き蘢って美狂乱とか新月とか聴いていた時代があったのですが、その時一番始めに兄に教えて貰ったバンドでして、そういえばPOLYSICSの「今夜はパツンパツン」で"なすのちゃわんやき"が流れた時は軽く失禁したの・・・。

先日の毎月恒例になっていますWOMBで開催されていますイベント「月間ウォンブ」で観た森は生きているというバンド、最初ココナッツディスク吉祥寺店の方から「今日まだ演奏は粗いかもしれないけど・・・」と伺っていたのですが、最近観てきたインディーバンドとはまたちがう畑というかなんというか途轍もなく上手くて、はじまりの"Intro"から完全に心を掴まれまして。ギターの岡田さんはまだ21歳という若さであの知識と才能、、恐ろし過ぎました、、、なんて感想よりも要約すると「うわー!めっちゃいいバンドいるー!なにこれー!すげー!めっちゃいいバンドいる東京すげー!関西呼びてー!」みたいな感じでして。んで、このバンドのエッセンスはもうすごい幅広いんだろうけど、なんとなく四人囃子のブェンディアをはじめて聴いた時みたいな気持ちになったりして・・・ゴニョゴニョ・・・。

でも、果たして関西で同世代でいまあのバンドと合う人達はいるのだろうか。ゆーきゃんとかタンテとかそういうブッキングはダサイからしたくないしなぁ、DISってるわけじゃなくて。



mori wa ikiteiru
森は生きている。東京で活動する6人組バンド。カントリー,ソフトロック,スワンプ, アンビエント,モンド,エキゾチカ,トロピカル,ジャズ,ブルース,キューバ,クラシ ックなど. . .メンバーの雑多な音楽嗜好により、バンドは唯一無二のチャンポンミュージックを奏で る。

21 February 2013

Kick out the Grams


























最高だろクソが・・・。

zico

13 February 2013

Kukeiha Club - Memories Of A Summer Island




古川もとあき様は中学の先輩です。

zico

10 February 2013

2013.02.10 (sun) OZ Guest Live: EMERALD FOUR, and vice versa


 ■OZ

2013.02.10 (sun)
心斎橋@CLAPPER [web]
Open/17:00

ADV 2000yen (with 1drink) / Door 2500yen (with 1Drink) 

Guest Live:

EMERALD FOUR
and vice versa

OZ Crew DJs:

zico
O.T.A.
degg
Yusuke Sadaoka
RIE
nobuyo

※チケット予約は、メールにてoz.party.oz@gmail.comまでお名前、枚数、をご記入の上お気軽にご連絡ください。

http://oz-party.tumblr.com

::Timetable::

17:00 O.T.A.
17:45 nobuyo
18:30 degg
19:15 and vice versa
20:00 Yusuke Sadaoka
20:45 EMERALD FOUR
21:30 zico
22:15 O.T.A. ~ end

//////

-profile-



■EMERALD FOUR

京都のサイケバンド、エメラルドフォーです







■and vice versa

大阪在住の宅録ミュージシャン、ビートメイカーであるクボマサユキのソロプロジェクト。oldschool hiphop、house、futuregarageなど様々なジャンルを横断しつつも、mount kimbieやgold pandaを彷彿させるメランコリックなコードワークや自身のヴォーカルサンプル等をブレンドした音世界が特徴。2010年7月には米、カリフォルニアのレーベルSomething Americaにて Magical MistakesとのスプリットEPをリリース、 同年9月にはRefrain Recordsより1stフルアルバム[still beautiful]をリリースしている。更に野外フェス[Sense Of Wonder 2011]にもChaplin productionとして出演。そして2012年4月に、Seiho主宰の「Day Tripper Rercords」より、アルバム「E.Tender」をリリースしている。





//////

今年は毎月恒例にしたいよねOZ、ということでアレもしたいコレもしたい言うてるんですけど、できることからやっていかないとなぁみたいな感じで、去年のやり残したこととか出来なかったことを今年は全部やって、それとまた違うけどこういうのもいいよねみたいな事も出来たらなぁとか出てきたらなぁとかナントカ思いつつ、2月からちょっとエンジン掛けて開催していこうとか何かそんな今日この頃なんですが、2月のOZは京都からEMERALD FOURさんとDay Tripper Records主宰の久保さんことand vice versaさんに登場して頂きます!

OZってどんなイベントだったかなぁと思い出しながら、今年もOZだから出来ることをやっていきたいです。



今年はちゃんとインディーでDJしたいなぁと思いつつもInc.しか聴いてないこともないんだけどIndie R&B的な物への探究心しかないこともないんだけどあまり確信的なブツが出てない事もないんだけど振り幅が広くなっちゃってどうしようかなぁと。

zico

08 February 2013

Tsugutoshi Goto - First Solitude



Various「テクノマジック歌謡曲」にも収録されていた所謂テクノポップ歌謡よりも当時としては実験的でボディトゥボディしてる佳曲"Time Out"をDJでかけたくて購入した『Inner Suggestions』の動画が無かったので、後年に発売された『City Trickles』からのデジタルなシティポップス。そうですね「申し訳」以降、完全に和モノばかり聴いてます。

zico

07 February 2013

06 February 2013

Variètè - Good-Night Age



最近入手したVariètèのKitchen Recordsから出ている8 inch。言わずもがな!

zico

02 February 2013

飯島真理 - BLUEBERRY JAM



今、あちらこちらで大反響を呼んでいる三重で専業主婦をされているSayoko-daisyさん(http://soundcloud.com/sayoko-daisy)ですが、いやホント素晴らしいので聴かせる人聴かせる人みんな絶賛してくれて嬉しいのですけれども、ライブとかカラオケでも良いから家庭に支障がでない程度でやって欲しいし観たいですし、あわよくば関西でも!と思ってしまいます。

ゆーちゅーぶは先日、汎芽舎さんで購入した教授がプロデュースしている事でも有名な飯島真理のDebut Album。

zico

Followers

Blog Archive