29 December 2011

2011.12.29 (thu) OZ Guest Live: möscow çlub, Hotel Mexico






































■OZ


2011.12.29 (thu)
@本町Nuooh [web]
Open/18:00 〜 22:00

Charge: ADV2000yen (with 1drink)/ADM2500yen (with 1drink)

※前売り希望の方は、Nuoohサイトのコチラ、もしくはoz.party.oz@gmail.com、各DJにご連絡ください。

Guest Live:


HOTEL MEXICO
möscow çlub


Guest DJs:

Foryou
Anarushin
154

VJ: TR3

FOOD: cabot curry & iwata (Anarushin)


OZDJs:

zico
O.T.A.
degg
Yusuke Sadaoka
RIE
nobuyo


-plofile-


■HOTEL MEXICO

石神/菊池/伊東/岩本/水島/小林による京都発6人組バンド。
2010年1月に京都METROにて初ライブを敢行。
8月に発売前からPitchforkやFADERといった海外ブログでも取り上げられ話題になったデビューミニアルバム「His Jewelled Letter Box」が限定店舗で発売された。最近ではその『His Jewelled Letter Box』が今年3月に全国流通&海外配信を開始。
また、Vice magazineがデルとインテルの協賛で始動させた音楽映像サイトnoiseyにて、Yuck/The Vaccines/Dirty Beaches等と共に密着取材されるなど、
まさに世界規模で話題を拡大中。今後は次作のリリースに向けて動きながら、アルバム収録の楽曲「Animals Strike Back」がアナログ盤限定でシングル・カットされる。










■möscow çlub

hi, there.
we are möscow çlub (moscow club).

we are,
a******z (vox, gt, key)
p************s (gt, key)
t**********a (ba)
y**********i (dr)

we luv independent musique.
we hope you'll like our activities.
best regards ;)





/////

ゆく年くる年

気づけばもう今年最後の毎月恒例OZですが、Guest Liveにはみんなが待ち焦がれて、言うまでもなくスタッフも僕もOZを始めてからずっと出演して頂きたかったバンド、HOTEL MEXICOさんです。今回は去年の夏以来になる菊池くんも参加しての6人編成で、完璧な状態でのライブになるので本当に嬉しいです。個人的には今年を振り返ると京都のnanoで初めて観た『Dear Les Friends』の衝撃というか感動が忘れられなくて、「自分が本当に好きな音楽」もっと広くいえば「自分が好きなこの感じ!」を形にしてくれた数少ない日本のバンドなのでとても思い入れが強かったりします。そして、もう長い付き合いの様でつい最近のことになりますが、思えば僕がFriendsというバンドのサポートしていた時にライブを観に来てくれたのが切っ掛けで、初めて神戸のガストでまだ形になる前だった『peoples potential unlimited』のデモを聴かせてくれた時から「あ、なんかやってくれるだろうな!」とライブを観るのが待ち遠しかった友達カズくんのバンド、関西初ライブとなるmöscow çlubさんがゲストです。
さらに今回は忘年会をします。そこでもゲストDJを3組お呼びしまして、今年は生前葬をしたり処女MIX『FOR YOU IN THE HOUSE VOL.1 -R.I.P. KOZZY』を発売したり最近なにかとモテキな何かが余って憎さ100倍の高木くんことforyouさんとのpeople,normal以来になる競演。そしていま「西☆高☆東☆低☆」をモットーに幅広く活動する東京の良心、West Side Boysの岩田くんと今年発売されたHotel Mexicoの初MIX CD 『Romance Day Mix』のセレクトをしてた菊池くんと龍遊くんとでのAnarushin名義でのDJ。そしてそして、いつも「Alien Sex Friendがなかったら今頃DJをしていなかった」と良かったのか悪かったのかいつも嬉しいことを言ってくれる関西ではこちらも久し振りの154(Vowbobo, Jonathan, Jivan)の面々。

毎回企画を考えるとき特に重要視するのは「OZでやることの意味」という一点に集約するのですが、それは例えば僕たちが「これが面白い」って紹介したいものであったりみんなが「これが好きだから観たい」っていうお願いだったり初めてクラブに遊びにきてくれる人が「すごく居心地がいい」っていう驚きであったりいつも遊びにきてくれる人が「やっぱり来てよかった」っていう満足感だったりそれはもう色々なわけで、『OZ(オズ)』というイベント名だからこそ、その気持ちとか夢とかお願いとかワクワクとかドキドキとかいっぱい叶えたいんだけどそのために僕らでできることのボリュームアップはどんどん増えるわけで、それは楽しんでもらうものである以上間違いではないけれど間違いではないけれど出来ることもやっぱりまだ出来ないこともあって揺れ動き悩み迷いつつ毎回開催に至るわけですが、今回は様々な人の協力の下、こんなにも素晴らしい面子になりまして感謝してもし尽くせないので、あとはOZのメンバーがどれだけメイクパーティーできるかにかかるんだろうなぁ、と期待値はどんどん上がりますがこれだけの偶然と奇跡が重なりあえば僕はそれはもう「魔法」何じゃないかなぁと思います。
オズの王様はいつだって魔法使いを演じないといけないみたいです。



いつも反響の無い今年の年間ベストはまたお正月にでもしようと思います。よいお年を!

zico

26 December 2011

2012.12.26 (mon) フレデリックvol.2 -弾き語る夜-


■フレデリックvol.2 -弾き語る夜-


2011.12.26 (mon)
京都@LiveHouse nano [web]




【弾き語り】
・ゆーきゃん
・小池喬 (シラオカ)
・潮田雄一 (Quattro)
:森ゆに
・Daniel Kwon
・井上陽介(Turntable Films)


【 DJ (オンリー弾き語りセット)】
・森野義貴(handsomeboy technique)
・小野真(TOSS & VOLLEY)
・ziico
・田中亮太(mogran'BAR/club snoozer)


[open] 18:00 / [start] 18:00
[adv.] 1700yen(+1 drink) / [door] 2000yen(+1drink)
*ご来場の方全員に、田中亮太謹製エクスクルーシヴ・MIXをプレゼント!!


TT



18:00 open
↓DJ
18:30
↓井上陽介
18:55
↓set change DJ田中亮太
19:05
↓小池喬
19:30
↓ziico
19:55
↓Daniel Kwon
20:20
↓DJ田中亮太
20:45
↓森ゆに
21:10
↓HANDSOMEBOY TECHNIQUE
21:40
↓潮田雄一
22:05
↓小野真
22:35
↓ゆーきゃん
23:00



//////





メンツやばすぎ。




23 December 2011

The French Impressionists - Boo Boo's Gone Mambo/ My Guardian Angel




この季節になると毎年もうコレしか聴きたくない病気になるのですが、
件の"Santa Baby"なThe French Impressionistsよりも僕が学生のときにLTMから再発されたコンピに収録された
Malcolm Fisherによるピアノ・ソロ"Seven Suite"の印象派の様なアプローチに自分の「青の時代」を投影してしまいます。

21 December 2011

Near Paris - Visions




USの自主盤、Near Parisの12インチ。前身となるPost Industrial NoiseよりもMinimal/Electro路線度が高くて格好良いです。
内容とかよりも手に入れたことに感動しててもう自分駄目なんじゃないかと思いますね、はい!

14 December 2011

2011.12.22 (thu) RUBY

























■Ruby

2011.12.22 (thu)
三宮 北野@der Kiten [web]
Open/20:00 〜

Charge Free!

DJ:

KoHey
NABARA (Donut Talk)
zico (OZ)
yorino (Block Party)


///


神戸で新しくIndieを中心にしたDJイベントが始まります・・・!
いつもSecondroyalとか神戸のイベントで良くして頂いてますこーへいさんとよりのさん、
そしてドーナツトークやStudydrinkでDJをしている、この間のMomusのときも御一緒して頂いたなばらさんと
「神戸でインディーのイベントないねー」ってことで、新たにやっていこう!神戸も盛り上がっていこう!
という趣旨とか気持ちとかその場の空気とかスマイル・トゥ・スマイルで一念発起して決まりました。

いま東京で活動するCuz Me PainのJesse Ruinsさんや先ほどNNTからのリリースされたSaphire Slowsさんとか
このあいだのLiveがtwitterで絶賛されてて期待値上がりまくりのSuper VHSさんとか、音源のリリースが待たれるMoscow Clubさんとか
Hotel Mexico、The New House、Friendsといったセカンドロイヤル勢などなど、すごく注目されていますが
じゃあ現場はどう?関西はどうなの?ってなった時にそもそもどこで何のイベントがあるの?ってなると思うんです。
実際BlogやらTwitterなどを通して同じ趣向の音楽を聴いてる人は見つけることは出来るけど、クラブだったりライブイベントで
出会うことはなかなか少ないから、そういう場所があってもいいよね、みたいな。まぁ出会ってどうすんだ、って話ですけどね。笑 
OZをはじめたのもその一つなんだけど、『Ruby』も続けていけたら良いなぁ。



今年はマジ100%Silkってたんで、そろそろBlack Blackもcoverしてたコレとかかけても大丈夫かなぁ?
とか思って聞いたけどやっぱ全然ダサイね!もうキュンキュンしちゃう!


zico

09 December 2011

The Bien "Huge Box"


「私のホバークラフトは、うなぎでいっぱいです。」とジャケットに書かれてるだけでもう怪しさしか存在しない日本人オムニバスコンピ、
Obscure Independent Classics: Volume 4 (Special Japanese Edition)』の冒頭を飾る個人的にも今まで聴いてきたNWで1、2位を争う胡散臭さが堪らないThe Bien。
ずいぶん愛聴してます。あとDEAも参加しててなんかお得です。

Euromasters - Alles Naar De Klote


Major Lazerの新曲はMoombahtonというかBPM遅めのNustyle Gabba...でもバイレ!みたいなことになっててMoomgabberみたいなジャンルになるかどうかはしらないけど
ボクも高校の時は狂った様にRotterdam Techno is HARD HARD HARDを女神転生2をやりながら死ぬほど聞いていた時代があったわけで、
Euromastersとリッジレーサーが自分にとってのアホの童貞が聴くような銀杏BOYSに変わる青春PUNKだったのですが
俺がRotterdam Technoにはまってた話とか誰が興味あんねん、俺がRotterdam Technoにはまってた話とか誰が興味あんねんな。全員死ね!

08 December 2011

Fuxia - Ule-Ale-Uh


ずいぶん前に買ったけどこれホントに買ってよかったなぁ・・・。
たぶん言葉的にSpain産のItalo-DiscoアイドルグループでちゃんとLPにポスターも付いてるしファンクラブもあったっぽい。
Baby's gangの"America"のカバーもカワイイカワイイ。

Wattoo Wattoo


効果音豪華過ぎてなんかひくわぁ・・・。

Taco Monde


もう最近下手にディレイかけた曲よりもこういうのでいいよぉ・・・。で、コレ何?

04 December 2011

2011.12.04 (sun) MONUMENT LIVE : Momus


















MONUMENT - DEDICATED TO OBSCURE POETS


2011.12.04 (sun)
open/18:00 start/18:30

会場:鰻谷 燦粋 -unagidani sunsui-
大阪市中央区東心斎橋1-12-20 心斎橋シキシマビルB1F
TEL 06-6243-3641
料金:前売2000円(ドリンク代別)/ 当日2500円(ドリンク代別)

【プレイガイド】
ローソンチケット 0570-084-005 ( Lコード 52738 )
チケットぴあ 0570-02-9999 ( Pコード 156-302 )
e+ (イープラス)
sunsuimart ※チケットレス / 手数料なし



LIVE:

Momus
IROTTO+
boyfriend's dead

DJ:

Shuji Nabara(dotsmade)
zico (OZ)


-profile-


■Momus

日本ではKahimi Karieのプロデューサーとしてその名を知られるモーマス―80年代から“el”や“Creation”といった英国の名門レーベルより、アコースティックサウンドやエレポップ風味を巧みに表現した作品を発表し、英国や日本の音楽ファンの間で異彩を放つトリックスターとしてその名を轟かせている。2003年には初の日本レコーディングによる『Oskar Tennis Champion』を発表、アコースティックサウンドと不思議に共存してきたエレクトロニック・ポップ色をさらに進化させ見事なフューチャリスティックポップサウンドを作り上げた。ベルリンに移り住み、Anne Laplantineと共に作り上げた最新作『Summerisle』では古めかしいロウファイ電子音とアコースティックギターが重なり合う"コンピューター・フォーク・アルバム"を表現し、モーマスワールドは健在だ。また、英Chery RedにAnalog Baroque Records、米Darla RecordsにAmerican Patchworkレーベルを設立し、プロデュースやライブツアーをこなすなど、様々なシーンと積極的にコラボレートし、"Live Worldwide"な感覚で常に楽しませてくれることを忘れない。


■IROTTO+
2005年結成。大阪を拠点に活動中。暗くて粗くて温かい、美しい空間を描く音。型にはまらない彼等の音は自由であり大胆であるが、それらはたしかな歌として残されていく。力強い楽曲の中で透き通った優しいメロディーラインが印象的であり、ストーリーを描くような曲の展開も斬新である。2009年8月、バンド初の音源としてEP「acormus fish」をHATTRICK RECORDSよりリリース。十三FANDANGOにて「IROTTO+ 1stEP[acormus fish]リリース企画」を開催。2010年2月、ス プリットアルバム「before time melts.」をHigh Fader RECORDSよりリリース。北堀江club vijonにて「High Fader Night vol.7 ~関西シューゲイザー協会~IROTTO+/Shelling & PLASTIC GIRL IN CLOSET Wシューゲイザーレコ発」を開催。2010年11月、FM802主催 「MINAMI WHEEL 2010」に出演。結成5周年を迎え、自主企画イベント「深海フォークロア」を開催。フルアルバムに向けて現在レコーディングに取り組んでいる。

■boyfriend's dead
大阪生まれ、ドリーム・ポップ育ち。悪そうなシューゲイザーはだいたい友達。

■Shuji Nabara (DJ)
1980.12.8生まれの身長190cm。山本ムーグ氏も認めたシューゲイズ体型。退廃と煌きの音の世界に魅了され自らもフィードバックノイズを奏でる。デコボコ兄弟"NABARA BAND", 塩屋系"MATSURI BAND"でギターを担当。神戸のインディポップイベント"DONUTTALK"でレギュラーDJを行っている。2010年七草の日にYOKO ONO PLASTIC ONO BANDのREMIX COMPETITIONでTOP20に選ばれる。

■yamaten et chouchou noir (Velvet Moon) (DJ)
レコード&CDショップVelvet Moon。主にイギリス・フランス・ドイツを中心としたロック、ポップス、女性ヴォーカル、New Wave、ゴシック、トラッド、フォーク、プログレ、電子音楽、フレンチポップス、シャンソン、サントラなど。アートの匂いのするロック。素晴らしき表現者としてのボーカリストたち。実験精神とポップの融合するアヴァンポップ。有名無名も壁はなくただ愛する音楽や映画や本などを扱っております。好きな作品への拘りもありコンディションの良い品揃えを心がけております。

■zico (OZ) (DJ)
京都timepiece cafeにて始動したクラブイベント"people,normal" をオーガナイズし、京都発インディーズ・レーベル『SECOND ROYAL』への出演を経て、ANARISHIN、VIRGIN、BANQUETといった関西新世代DJ陣と共に活動する。2011年4月から本町NuoohにてO.T.A.とzicoのオーガナイズによる、最新「インディーミュージック」を軸にインディー・ポップ、ダンス、etc...と個性的な6人によるマンスリーパーティー "OZ" を開催中。

Followers

Blog Archive