26 June 2012

Kenix feat. Bobby Youngblood - There's Never Been (No One Like You)




いろいろやめようとおもいます


お知らせの通り『Electricity In Our Homes Japan 2012 with ANISAKIS,SHE TALKS SILENCE』に出演できないことや8月の『BO NINGEN SUMMER TOUR 2012』の京都METRO講演への参加を辞退したこともあり、7月のOZを期にいろいろやめようとおもいます。

今年に入ってからも有り難いことに沢山面白いお話を頂いていましたが、期待に添えることができないことが増えていましたし、6月に入り本格的に融通が利かなくなってしまいましたので、当分はお休みしようかなあと思いました。元々レコードを買うのが好きでその延長で故kozzyがFuture Shockに誘ってくれたのがきっかけでDJを始めたりイベントを始めたりして、恐れ多くもイベントに声をかけて下さったりして、自分にとっては本当に有り難いことですし、これ以上の言葉は無いです。ただ自分がいつも申し訳ないなあと思うことは「Guest DJ」という冠が付く事にあるのですが、恥ずかしながら未だにタンテもミキサーも持っていません・・・(これは『LIFE AT SLITS』で滝見憲司様がDJを始めたての頃DJ機材を持っていなかったというのを読んでから意地で買っていないのですけど目指すところが違いますねマジスイマセンでした・・・)普段遊びに行くイベントや自分が主催するイベント、そしてゲストとして招いて頂いたイベントでも自分が目一杯楽しみにでき心の底から楽しめるイベントにしたいですし、いまは仕事と折り合いがつかないことでバランスを崩しながら何かを続ける事に少し疲れたのとお客さんとして遊びに行く視点とどこかで一線を引きたくないのがずっとあって、今回の事からいまは少し休んで自分が携わるものに少しずつ力を入れようと思います。まぁその分、夜遊びに行くことは増えるかもしれませんけど。


個人的なことで言いますと、僕が京都や大阪でイベントを始めて地元の神戸で全くDJをしていないときに神戸でイベントを始めるきっかけやそれ以上の沢山の出会いを作って頂いた、毎月第2第4水曜日に開催しはじめ4年間以上続いていましたパーティー『Bandwagonesque』が少しの間ですが休止します。事情はあの例の法律の問題を受けてですが、何か新しい打開策できるまで一回休むということで主催のダイちゃんも「やめる気は全然ないし、すぐにでもしたい」と言ってくれています。『Bandwagonesque』が自分の何かを始めるきっかけになって良かったなあとずっと思っていて、それは音楽のジャンルとかが関係なく人が繋がっているところにあって、自分がOZというイベントを始めたのも「こういう音楽が好きだけど、こういうのも好きだし、これも好きだよね!」って言える、言い合える「人が集まる場所」は絶対に必要ですし作るには主催側の強い意志が無いことには何も始まらない訳でして。だからこそ、神戸にダイちゃんみたいな人がいてとても嬉しかったし、同時に5月以降変われないことで感覚が麻痺し始めていた自分に一旦の区切りをつけることができたというわけです。

と、話は脱線しましたが休止前ラスト久しぶりにDJしますバンワゴとOZ100%と全力でやっていきますよっと。

zico


No comments:

Post a Comment

Followers

Blog Archive