09 April 2011

OZ


























OZ

2011.4.10 (sun)
@本町Nuooh
Open/17:00 ~ 22:00

Chage Free!!

■DJ
zico
O.T.A.
degg
Yusuke Sadaoka
RIE
nobuyo






//////


新しいパーティーを始めます。


どうもどうも、いつもブログを読んで頂いてるのか覗かれてんのかスルーされてんのかアレされてんのかなんか分かりませんが、この「people,normal」ブログを書いています最近まで某Friendsでベースを弾いてた様な気がしますジーコなんですが、最近は、ていうかそもそも「people, normal」って何なのよ?ていう声が聴こえてこなくも無いのですが。何なのよって言われても・・・。

個人的には、もともと「Future Shock」っていうシャレオツなインディーパーティーをやってたインディー帝王のkozzyとその「Future Shock」にもでていた、いま関西シーンでMagical Gangバッチが秘密裏にトレードされているtomohくんに誘われて京都で始めたのが、「people,normal」というパーティーで、言うまでもなく灰汁の強い3人が主催するイベントなので、音楽を発信する面でも人選においてもそれまでに無かったおもしろいイベントだったし、沢山の出会いや繋がりも生まれたんだけど、それもやっぱり3人のオーガナイズだったからと言うのか、3つの頂点が描き出した三角形は正三角形だったり直三角形だったり時には不等辺三角形になったりもしたわけだけどとても良いバランスだったし、やってくうちに角もとれてきれいな円に丸くおさまりました、と。上手いこと言ったね俺。そうでもないですね。や、まあ結構それぞれ最後まで尖ってたけど(笑) それはそれですごく良かったから、良かったからこそ崩したくない気持ちがあったりで。とにかくそのときは、イベントやってこうすればみんなに興味持ってくれて喜んでくれるかなと思った辺りが実現していたのが嬉しくて「僕たちはこういうのが好きだけど、みんなはどう?」みたいなのをわかりやすく実現できたような気がします。それもやっぱり同時に反応してくれるお客さんあってのことなんで、イベントを重ねる度に本当にみんなと一緒に楽しめたイベントで、もう言うこと無いです。

そんな中、次に向かって思ったこと。 前回の「people,normal」で本当に色んな方、色んなすごい方に協力させて頂いて、こっちの勝手な思いつきの無茶なお願いに対して本当にすごいパーティーをディレクションして頂いて・・・。でも、それをお願いしている自分がすごいわけじゃないよなあとか、当たり前だけど思ったりもして。そのすごい方々に、色々な背景に関わりなくお願いできるに値する人間に、ならないといけないよなあ、と改めて思ったりもして。だから、もう少し自分は自分で手探りですけどもがき続けます、よ、と。

んで、やっと新しいパーティーの話。

今回は僕、絵面がナードなジーコとフルーツグラノーラを食し夜ごとに痩せていくオオタくんとで主催していくマンスリーパーティー(一応…)で、「people,normal」のときに感じたIndie音楽の「揺り戻し」とパーティーをする事の意思を継続していくことを念頭に置いて始めるんだけど、それは好きな音楽もそうでない音楽も自分が目を向けている音楽はやっぱりみんなIndieだしジャンルとか新譜旧譜とかもワケ分かんなくなってるし、じゃあ今「コレ」っていう新しい音楽が流れるイベントも何処にあるのか分かり難くなってて、求められていないかもしれないけどそれじゃ本当に寂しいから(笑) とりあえず、「こういうのが好き」って言うのが初めにあって「みんなはどう?」っていうのをやってたけど、その中から「こういうのも好きだよね」っていう新しい共通言語がどんどん生まれたりする場所がずっとあってもいいよね、っていうのと何でもかんでもウィーキャンチェンジと禍言の様につぶやかれるこの昨今ですけども、実のところは変わりたくない変わってほしくないと思うこともいっぱいありまして、例えば行きつけのラーメン屋さんの味が変わっちゃうとかもうもってのほかの大事件なわけで。そもそも、自分の意思によらないchangeって予告なくやってきて巻き込まれるわけだから、現状への思い入れがあればこそ後悔することが多いじゃないですか。塩ラーメンも試しておけばよかったとか。前から行っておけば良かったとか。もっと話しておけばよかったとか。もっと遊んでおけばよかったとか。そういった変化を嘆く人がいたり、新しい変化を受け入れてくれる人がいたり、昔のままでしたと言って喜んでくれる人がいたり、マンネリだと怒る人がいてくれる場所は結局主催側の強い意志の力があってこそで、だからこそ継続と言いますかインヘリタンス?していかないと誰も楽しんでくれなくなっちゃうんで・・・。

「うおおおお!ジョジョ 継いでくれ わしの意思をーー!!究極!深山脈疾走(ディーパスオーバードライブ)!」

ってツェペリさんも言ってましたよね。そういうことですどーかなちがうかな。

要はそういった絶妙なバランスを僕とオオタくんとで上手く舵とってやっていくんだから、もうどうなっちゃうんだろうね(照) まぁ当たり前だけど遊びに来てくれるみんなにはそんなのどうでもいいことで。遊びに来てくれたその時間面白かったかどうかが全てなわけで。楽しんでくれたら嬉しいです。楽しめなかったらほんと力不足でごめん。。とにかくいろいろと頑張りたいです。よろしくお願いします!!!!

で、このエントリでさも「people,normal」が終わってしまうようなニュアンスになっていますが、終わってません!まだたぶん(笑) イベントに限らず、楽しい時間が始まればそれにふさわしい終わり方もやっぱり拘りたくて、 なんとなく気が付いたら終劇キメてました・・・じゃなく、良い想い出を帰宅まで持ち帰ってほしいですし、 そこには楽しかった時間と、パーティーが終わってしまう事への切なさも含めて、「楽しかったね」「でももう終わりだね」「寂しいね」「でもいつかは終わらなくちゃ」「そうだね」「楽しかったね」「またやろうね」と言うような、そんな「前向きな寂しさ」みたいなものを感じて欲しいのです。勝手なこと言ってますが。だから「people,normal」がもし本当に終わる時には、もっと往生際悪く、見苦しく、みっともなく、ぼろぼろの状態になってでも続けようとしますよ、きっと。


だからまだ、大丈夫です。

zico

No comments:

Post a Comment

Followers

Blog Archive